シニアライフ

3万円から始める!アラ還のゴルフデビュー

シニアライフ

いつかチャレンジしたいと思っていたゴルフですが、機会がないまま気づけば還暦目前、50の手習いといいますが、遠に50は過ぎてしまいました。

息子たちが社会人になりゴルフをするようになったのをきっかけに、ゴルフの機会を与えてくれました。

ゴルフ用品の準備

ゴルフクラブ

ゴルフを始めるにあたり一番大きな買い物がゴルフクラブです。

それぞれのクラブの違いもわからず、何を買っていいのかもわからない全くの初心者です。
ブランドもいろいろありますがゴルフセットは高額で手がでません。

そこで息子がプレゼントしてくれたのがこちらのゴルフセットです。
キャリーバッグがポリエステル・ナイロン生地の超軽量、ヘッドカバーのピンクの刺繍もおしゃれでテンションがあがります。

他のクラブを使ったことがないので、自分に合っているか判断はできませんでしたが問題なくコースでボールを飛ばすことができました。

数年前に購入したのですが、いまだにレビュー評価の高い人気商品のようです。
モデルチェンジでシャフトのロゴもよりきらびやかな新しいロゴになっています。

初代のロゴです

ゴルフシューズ

ゴルフ場では専用のゴルフシューズが必要です。
ソール(靴裏)が凹凸になっていて芝生で滑りにくくなっているシューズです。

スパイク付き、スパイクレスがあるそうですが、とりあえずアディダス旧モデルのお買い得品を購入しました。

ソフトスパイク  Boaタイプ

ゴルフウェア

ブランドのおしゃれなウエアがたくさんありますがここはぐっと我慢して、今あるもので代用することにしました。

真冬のラウンドデビューでしたので、テニスで使用していた襟付きのポロシャツの上にユニクロのウルトラライトダウン、下はタンスに眠っていたキュロットスカートにレギンスで代用しました。

ゴルフスクールのときは、特に気にすることなく動きやすいウエアでレッスンを受けました。

キャップ・グローブ

これは必需品なので新潮いたしました。

ゴルフボール・ティー

ラウンドするときは私のような初心者は多めに必要です。
最初は家族とのラウンドでしたので自分で用意することはなかったのですが、初心者ほど多めに持っていかないと迷惑をかけることになると知りました。

ボールマーカー

グリーンオンしてボールを拾い上げたときに印としてボールマーカーを置きます。
ゴルフ場に無料のボールマーカーもありますが、これも息子がプレゼントしてくれました。
マグネットマーカーなので帽子につけておきます。

スクール選び

全くの初心者ですのでゼロから教えてもらう必要があります。近くにゴルフスクールはいくつかありますが、どこを選べばよいかわからずネットで探します。

会員制のスポーツクラブ

会員制のスポーツクラブにあるゴルフスクールです。
主婦&シニア歓迎、初心者も安心、レベルに合わせたレッスン内容
とあります。

インドアゴルフスクール

家族全員で楽しめる身近なスポーツとしてゴルフの輪を広げていくのをコンセプトにしています。
初心者歓迎、コースに出るまで丁寧に指導、ゴルフで健康に、いつまでも若くとの謳い文句。
ゴルフプロの方が代表、コーチ、他にスタッフが何人かいます。

駅から1分インドアゴルフ

インストラクター1名に生徒3名までの少人数指導。
アットホームな雰囲気で親切・丁寧な指導します。
とあります。

スクール開始

結局、車で行きやすい会員制のスポーツクラブに決めて通い始めました。

的のついたネットに打ち込むゴルフレンジが6つくらい並ぶ練習場です。私と同年代のおじ様コーチがひとりだけで、平日の日中の時間帯でしたので、いつも生徒は3人位でした。

初心者なので、初日はクラブの握り方、フォーム、ボールの打ち方をさらっと教えてもらいました。
上手くいくはずもなくただひたすら目の前のネットに向かってボールを打ちます。

1レッスン50分くらいでしたが、練習内容は毎回まったく同じでした。
1.まずはゴルフレンジに入ってただひたすらボールを打ちます。
2.途中でデジカメで写真撮影後にフォームの指導されます。
3.またひたすらネットに向かってそして最後にフォームチェックされます。

ゴルフには関係ない世間話が多く、実際の指導時間はトータル10分くらいだったでしょうか。あとは自分で試行錯誤自主練習でした。最初はその世間話はリラックスさせるためなのかと前向きに捉えましたが、回を重ねるごとにストレスとなってしまいました。

スクール選びは大事です。事前に口コミなどでチェックして納得の行くスクールを選ぶことをおすすめします。

ラウンドデビュー

数カ月後には未熟ながらも、息子たちに連れられていよいよラウンドデビューです。
ゴルフ場でのルール、マナーをひとつひとつ教えてもらいながらの緊張のデビューです。

広いゴルフ場で青空のもと優雅なゴルフ、と以前からイメージしていたものとは違っていました。

ティーショット後のティーの取り忘れや、ホールアウト後はテキパキと小走りで行動するよう毎回注意されます。

意外と体力を使う、気も遣う、頭も使う、忙しい!!

前半後半の間の食事の楽しみ方、カートの出発の仕方、操縦の仕方、最後に靴の裏の土をとること、プレー後のお風呂などすべてが初体験で、そこには知らない世界がありました。

初めてのスコアは惨憺たるものでしたが、初ラウンドにしては上出来とお世辞を言われ、心地よい疲労感と爽快感で楽しいゴルフデビューとなりました。

その後スクールも他のところに変えて、4,5回ラウンドを経験しましたが、数年前に生活が一変しゴルフのできる環境ではなくなってしまいました。

しかしながら、せっかく体験したゴルフです。いつかまた機会があったらやってみたい気持ちを持ちつつ、時々長い棒のようなものを手にすると、ゴルフスイングの素振りをしています。
ゴルフスイングの基本が最も大切だということを学びましたので。

昔、駅のホームで電車を待つサラリーマンが傘を持ってよくゴルフスイングしていたのを思い出します。当時はおじさん何してるの???って思っていましたが、今になってやっとその素振りの意味を理解しております。


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました