シニアライフ 一人暮らし

12年ぶりに洗濯機を買い換え|今どきの洗濯機の性能って

シニアライフ

はすりきれるまで着古す
化粧品は最後の最後まで使い切る
食器は割れるまで使う
家電は壊れて動くなるまで使う

といった感じでMOTTAINAI 精神で生活をしてきましたが先日洗濯機のそばでしゃがみこんで、ふっと顔を上げたときに目に入ったこのシール

「経年劣化による発火・けが等の事故に至るおそれがあります」


今まで故障したこともなく、まだまだ問題なく使える洗濯機でしたがもう12年以上たっていることに気づき、発火?に少々びびり買い換える決心をしました。
風呂水ポンプが浴槽から水を吸い上げる力も衰えてきてそろそろ買い替え時ということだったのでしょう。

さて10年以上前の洗濯機と比べて最新の洗濯機の性能はどのくらい進化しているのでしょうか。

とりあえず家電売場で下調べしてみると、縦型洗濯機においては12年前にあまり耳にしなかったインバーター搭載の洗濯機が主流となっていました。さらに乾燥機能付きの洗濯機も販売されています。

ドラム式洗濯乾燥機が洗濯機売り場の半分を占めていますがかなりの高価格、おひとり様にはMOTTAINAI ので縦型洗濯機に絞って品定めと相成りました。

インバーター洗濯機の特徴

インバーター非搭載の洗濯機と何が違うのでしょう。

インバーターとはモーターの回転速度や加速度を調整、制御できる装置です。
インバーター式洗濯機には洗濯物の量に合わせてモーターの動きが自動で調節される機能が備わっています。

節水効果:洗濯量に応じて必要な水の量を調節し、必要最低限の水量を使用
節電効果:洗い・すすぎ・脱水などの洗濯工程においてそれぞれに適したパワーの電力調整
静音効果:モーターと洗濯槽がベルトでつながれていないので洗濯中の音が静か

以上メリット盛りだくさんですが、非搭載と比べて高性能なので価格も高めとなっています。

家族が多く、毎日洗濯機を回す場合には節水・節電効果のあるインバーター搭載の洗濯機がおすすめですが、ひとり暮らしや使用頻度が低い場合はインバーター非搭載の洗濯機でも充分でしょう。

乾燥機能付き洗濯機の特徴

乾燥機能付きというとドラム式洗濯乾燥機を思い浮かべますが、縦型洗濯機にも乾燥機能付きの製品があります。

ヒーターで温風を発生させて洗濯物を乾かすヒーター式の乾燥機の場合は、消費電力がかかる・衣類が傷みやすいなどのデメリットもありますが、カラッと乾かすには効果的です。

購入した洗濯機

いろいろ調査してみましたが

週に平均2回の洗濯回数のおひとり様には節電・節水効果は小さいと判断しインバーター非搭載
洗濯物は天日に干すのが好きなので乾燥機能なし(節電効果)の洗濯機 に決定。

Panasonicの6Kg NA-F60PB15を購入しました。



割安なネットでの購入も検討しましたが、配達日指定や家電設置工事依頼、古い洗濯機の下取り依頼(リサイクル回収依頼)など面倒になり断念。

土日祝日の配達日でも手数料なし、配達日の変更もOKでスムーズな配送が可能と判断し近所の量販店ヤマダデンキで購入。

古い洗濯機の下取り料金3650円込みで約56,000円也

新旧洗濯機の比較表

古い洗濯機(2009年製)と新しい洗濯機の性能を比較してみました。

今までの
古い洗濯機(東芝)  
今回購入した
新しい洗濯機(Panasonic)  
一般的なインバーター
  搭載洗濯機
形名AW-60GFNA-F60PB15 ————————-
容量6Kg6Kg7Kg
消費電力50Hz: 445W
60Hz: 505W
50/60Hz: 445W50/60Hz: 160W~390W
1回あたりのコスト不明洗濯時目安:31.8円洗濯時目安:23.2円~28.2円
騒音レベル不明37/46/-dB32/38/-dB~36/42/-dB
製品質量     36Kg29Kg35Kg前後
標準水量(高水位)51L49L ————————-
標準使用水量115L116L80~86L
インバーターなしなし搭載

数字を見るだけでは新旧の違いはあまりないようですが、さすがインバーター搭載洗濯機は節電・節水効果があるようです。

新しい洗濯機は気持ちいいです。

6.0Kgサイズで毛布も洗えます
糸くずフィルターの取り外しが楽

どろんこ汚れなどの衣類がないので汚れ落ち効果はまだわかりませんが、残念な点が1点。

洗濯量を自動計測し、洗剤を入れてスタートボタンを押したあと、蓋を閉めないと洗濯が始まらないことです。

・洗濯槽に水がたまり洗濯物が水に浸かって洗剤で洗っている様子を見ることができない
・風呂水ポンプで吸い上げた風呂水が無事に洗濯槽に流れているのを確認することができない
・水流の弱いおしゃれ着洗いのコースで、衣類が水に浸かっているか確認できない

気になる場合は一時停止ボタンで蓋を開けることはできますが、洗濯物がグルグル回る様子をみることができないのです。

一時停止で蓋を開けられる



安全上の構造だとは思いますが、今どきの洗濯機の進化?に少々ストレス、早くも今まで使っていた洗濯機が恋しくなってしまいました。

2槽式洗濯機で結婚生活をスタートし途中で憧れの全自動洗濯機で家事がぐっと楽になり快適でしたが、進化した現代の洗濯機に戸惑うとは思ってもいませんでした。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
クリックいただけると嬉しいです^^


人気ブログランキング にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村


コメント

タイトルとURLをコピーしました